電気・電子・機械 お役立ち記事一覧

スキルアップ

レクサスLS開発物語 白い対向車(後編)

深夜のトヨタ自動車構内を、1台のクルマが人の歩行速度と同じくらいゆっくりとした速さで進み出す。高性能パワートレーンとしてハイブリッド・システムを搭載した「レクサスLS600h」の試作車だ。その助手席に乗るのは定方理。レクサスLS全体のチーフエンジニア(CE)を務める吉田守孝から、レクサスブランドの最高峰に位置付けられるLSハイブリッドの開発を任されたその男は、2006年夏から予定されている量産試作を数カ月後に控え、最後の試練に挑んでいた。その試練とは、「音が聞こえないこと」が絶対条件とされる静粛性の実現である。

レクサスLS開発物語 白い対向車(中編)

深夜のトヨタ自動車構内を、1台のクルマが人の歩行速度と同じくらいゆっくりとした速さで進み出す。高性能パワートレーンとしてハイブリッド・システムを搭載した「レクサスLS600h」の試作車だ。その助手席に乗るのは定方理。レクサスLS全体のチーフエンジニア(CE)を務める吉田守孝から、レクサスブランドの最高峰に位置付けられるLSハイブリッドの開発を任されたその男は、2006年夏から予定されている量産試作を数カ月後に控え、最後の試練に挑んでいた。その試練とは、「音が聞こえないこと」が絶対条件とされる静粛性の実現である。

レクサスLS開発物語 白い対向車(前編)

深夜のトヨタ自動車構内を、1台のクルマが人の歩行速度と同じくらいゆっくりとした速さで進み出す。高性能パワートレーンとしてハイブリッド・システムを搭載した「レクサスLS600h」の試作車だ。その助手席に乗るのは定方理。レクサスLS全体のチーフエンジニア(CE)を務める吉田守孝から、レクサスブランドの最高峰に位置付けられるLSハイブリッドの開発を任されたその男は、2006年夏から予定されている量産試作を数カ月後に控え、最後の試練に挑んでいた。その試練とは、「音が聞こえないこと」が絶対条件とされる静粛性の実現である。

レクサスLS開発物語 雪上の疾走(後編)

2006年9月19日。「レクサス LS460」の新車発表会が終了し、吉田守孝にとっての特別な一日が終わろうとしていた。雨粒が滴り落ちる窓ガラスの外には、既に漆黒の闇が広がっている。そこに映った自分の顔を見つめていると、頭の中ではさまざまな出来事が浮かんでは消えていく。レクサスブランドのフラッグシップとして最先端技術を惜しみなく投入したこと、それを高いレベルの品質で実現するために幾多の試練を越えてきたこと…。

レクサスLS開発物語 雪上の疾走(中編)

2006年9月19日。「レクサス LS460」の新車発表会が終了し、吉田守孝にとっての特別な一日が終わろうとしていた。雨粒が滴り落ちる窓ガラスの外には、既に漆黒の闇が広がっている。そこに映った自分の顔を見つめていると、頭の中ではさまざまな出来事が浮かんでは消えていく。レクサスブランドのフラッグシップとして最先端技術を惜しみなく投入したこと、それを高いレベルの品質で実現するために幾多の試練を越えてきたこと…。