電気・電子・機械 お役立ち記事一覧

スキルアップ

プロローグ “開発の達人”が説く! 守るべき掟 #01

コラム「リアル言えない大事」は、お陰さまで100話までつづることができた。そのコンセプトは、開発マン(開発ウーマン)における日常の出来事や悲喜こもごも満載のドラマであり、そこで出会った、額に汗する開発者へのエールでもあった。

一つの区切り(下)

工場の休業日,獅子倉和男は同僚と共に水野に呼び出されていた。品質保証のことであることは予想が付く。だが,何を求められるのかがさっぱり分からない。

一つの区切り(上)

全国的な猛暑に見舞われていた2006年夏の日本。仙台市郊外にある「仙台ハイランドレースウェイ」では,連日のように「GT-R」の試作車の試験走行が続いていた。その様子を,開発チームの主要メンバーが見守っている。

見えない上限(下)

ドライバーへの負担は当然,重くなる。だが,松本はすぐに走行データの重要性を理解した。走行データがあることで,課題の抽出がとにかく速く進むのだ。その一例として「再現性のない現象も記録に残せること」を松本は挙げる。