発展途上国の医療向上にも貢献する超精密加工技術

日本の微細加工サプライヤー(18)株式会社ワークス

■株式会社ワークスの概要
【創業】1991年
【資本金】1500万円
【代表】代表取締役 三重野 計滋
【社員数】51人
【住所】福岡県遠賀郡遠賀町虫生津1445-1
【得意な微細加工】精密金型部品の製造

直径0.03mm長さ20mmの極細ピンを独自技術で実現

 ワークスは福岡県遠賀郡に本社・工場を構える超精密金型部品の加工・製造を行うメーカーです。九州の山あいの小さな町にありながら、同社は「他社がやらないことをやる」という姿勢を貫いています。

 それを具現化したのが、例えば⌀0.03mm長さ20mmの極細ピンです。

図1 ⌀0.03mm長さ20mmの極細ピン
図1 ⌀0.03mm長さ20mmの極細ピン

 従来こうした精密金型用丸ピンは、数千万円もするような高価な海外製設備を使って、大手メーカーが製作していました。しかしワークスは「極細ピンを製作するための原理原則」を理論構築し、製造プロセスや砥石の最適化、研削盤の精度・機能・研削液のかけ方など、考えられる条件を全て最適化することにより、既設の平面研削盤による極細ピンの製造に成功しました。

 これをきっかけに、同社にはミクロン(μm)レベルからサブミクロン~ナノ(nm)レベルの仕事が集まるようになりました。例えば、下図は同社が手掛ける超精密レンズ金型の製作事例です。

図2 超精密レンズ金型の製作事例
図2 超精密レンズ金型の製作事例

ここから先は日経TECHキャリアへの会員登録(無料)が必要です。

日経TECHキャリアとは?
 
  • ITの求人
  • 電気・電子・機械の求人
  • 建築・土木の求人