「ふざけんじゃねえよ」、3次請けが2次請けに切れた話

 「ふざけんじゃねえよ!」

 その叫びを聞いたのは1990年のことで私は26歳になっていた。もう25年も前の出来事だが当時の光景をはっきり思い出せる。そこは私が仕事を始めてから3カ所目の現場だった。

 2度の大病を経て進学もせず毎日ぶらぶらし、フリーターをしながら、時にはギャンブルをして時間を潰していた私は、ある時思い立って専門学校でプログラミングを学び、中堅ソフトハウスに入社した(『「動くまで出るな」、冷凍マシン室に入れられた話』参照)。1988年のことである。

 それから2年余りで3カ所目の現場に行くことになったのは配属変更願いを出したからである。厳密なルールは無かったが、同じ現場にある程度の期間いた社員は「他の現場へ動きたい」という希望がある場合、配属変更願いを出せた。

 最初の現場に派遣された私はそこでソフトウエア業界の多重下請け構造を思い知った(『「新人なのに経験者」、偽の職歴で売られた話』参照)。そして1年余りが過ぎたころマンネリを感じ始めた。親しくなった先輩から「もう少しここで勉強しろよ」とも言われたが他の現場を見たいという思いの方が強かった。

 最初の現場には、何年も居着いている年配のプログラマーが数人いた。ようやく社会人になって仕事を始めたばかりなのに、生意気だった当時の私からすると、彼らは「そこから抜け出せない人」に見えた。自分は違う、このままここに固定されてしまうなんて真っ平だ。たった1年でそんな気分になっていた。

 私より長くその現場にいた先輩や同僚には申し訳なかったが、自分の気持ちに嘘はつけなかった。変化を求める気持ちが自分の中に残っていたのかもしれない。意を決して他の現場への異動願いを営業に出した。

 もっとも希望通りに異動できるとは限らなかった。大規模プロジェクトに増員がかかる場合ならすぐそこへ異動できたが、そうでない場合は簡単に動けない。現場に穴を開けてしまったり、逆に派遣できずに遊ばせている社員を出してしまったりすると売り上げが減る。だから営業は異動希望を慎重に取り扱っていた。

 複数人から希望が出た場合、会社としてはパズルを解くように次から次へと人をうまく現場に当てはめていく。逆に言うと他の現場の人間が動いてくれないと別の人間を動かせない。複数の現場で人が異動するタイミングを逸し続けた結果、同じ現場に10年以上縛り付けられていた先輩もいた。

 それとは逆に、配属を変更するチャンスはあったものの、異動希望をあえて出さず同じ現場に居続けていた人もいた。当時は景気がよかったので金融関係のプロジェクトから大量の増員がかかることがしばしばあったにもかかわらず動かなかった。もっとも大量の増員が急遽かかるプロジェクトが火を噴くのは誰の目からも明らかだったから避けて正解だったとも言える。

 一つの現場に自分を縛り付けている人は明確な意図があってそうしているわけではなく、なんとなくそこから出られなくなったようだ。ある程度同じ現場にいると、その現場ならではの過ごし方を覚えるようになる。最低限何をしなければならないか、要領がわかってくる。そうなると慣れた現場はぬるま湯のようになり、居心地は悪くない。そうなったら、なかなか抜け出せない。

なぜか現場で算数のテストを受ける

 3カ所目の現場で私は3次請けという立場だった。常駐先になる2次請けの会社はさらに大きな1次請けの会社から仕事を請け負っていた。内容は大手鉄道会社の座席予約システムの一部であった。勤務地は都心とは逆の方向にあったのでラッシュアワーに遭うことはない。「通勤は楽そうだ」と思ったことを覚えている。

 私が勤めていたソフトハウスから5人の技術者がその現場へ配属されることになった。対象となる座席予約システムの開発プロジェクトが本格始動したことにより、増員がかかったのだろう。

 現場に入った初日、私は同僚4名と一緒にテストを受けさせられた。会議室に押し込められ、算数に毛が生えた程度の問題を解いたと記憶している。後で分かったことだが、2次請けの会社はテストの結果を口実にして、あまりにレベルが低い人を断ったり、場合によっては3次請け会社との契約を打ち切ったりしていた。

 おそらく2次請けの会社は何度も痛い目にあってきたのだろう。その後、様々な現場を経験して私にもわかったのだが、SEやプログラマーはピンからキリまでいて、当たり外れがとても激しかった。外れをつかまされたらとんでもない事態になる。

 信じられないことだが、キャリアが5年位あるのにまともなプログラミングができない人もいた。このような人が業界で生き延びていけたのは、営業が口八丁でうまく売り込んでいたからだろうか。今もって不思議である。

 テストを受けた結果、成績がまあまあ良かったらしく私だけが設計チームへ振り分けられ、同僚4人はプログラムの製造チームに入れられた。私は設計をするSEとして、4人はプログラマーとして、それぞれ現場に入った。

 当時はSEがプログラマーの上位職だという認識が当たり前で、SEの単価はプログラマーの単価より高かった。営業としてはSEとして売り込んだ方が売り上げを大きくできる。

 もしかしたらテストはあくまで確認にすぎず、年をくっていた私はとんでもない職歴を付けられて高めに売られたのかもしれない。こう思い当たったのは実際に仕事を始めてからだが、今となっては調べる術がない。

 ちなみに最初の現場への配属の際、偽の職歴を付けられることに意見を述べて以来、営業は配属前の私に職歴をきちんと説明しなくなった。ざっと概要を説明される程度だったので、2番目の現場以降どんな職歴で自分が売られたのか、ほとんどわからないまま、いきなり現場に配属されていた。よくぼろが出なかったものだ。

未経験の基本設計を命じられる

 配属された現場で仕事が始まった。中に入って感じたのは自由な空気が流れていることだった。2次請けのプロパー社員、私のような3次請けのSEやプログラマーがわけへだてなく混在していた。そして現場を仕切る2次請けの会社は働いている者同士のコミュニケーションに気を遣っているように見受けられた。例えば所属先を問わず、現場の誰でも参加できるボウリング大会が定期的に開催されていた。

 私の所属していた会社からは私より前に送り込まれた5~6人が常駐していたが、皆現場の中に溶け込んで居心地がよさそうに仕事をしているように見えた。私も当初は「いい現場に出会えたかもしれない」という思いを持った。

 困ったのは設計チームに入った途端、「基本設計を担当して欲しい」と指示されたことだ。今までの現場でやってきた仕事はプログラミングが中心だった。たまに詳細設計くらいまでやることはあったが、基本設計に関しては未経験で知識もなかった。

 要件定義書を渡され、それを設計書にしろと言われたのだが、要件を設計に落としていく方法も設計書の書き方も皆目わからなかった。さらに困ったことに誰も何も教えてくれなかった。

 最初の現場のOJT(オンザジョブトレーニング)も名ばかりで酷かったが、今度は感じの良い現場なのに何も教えてくれない。「彼には指導しなくてよい」という雰囲気が漂っていた。ひょっとすると途方もなく立派な職歴を付けられて売られていたのかもしれなかった。

 仕方がない。見よう見まねで設計書を必死に書いた。過去に作成された設計書や設計チームの他の人から見せてもらったものを参考になんとか形にしていった。場合によっては過去の設計書の記述をそのまま書き写した。こうして、やり方を身体に染みこませるようにして基本設計を覚えていった。

 時には基本設計の後半から詳細設計まで任されることもあった。このプロジェクトなりのやり方を真似しつつ、それまでの現場で詳細設計を手掛けた経験も生かし、なんとか乗り切った。

 実はその現場で渡された要件定義書は相当アバウトだった。それでも最初の現場で習得した「行間を読む技」を使って、要件定義書の行間にある本来必要とされる事項を想像し、なんとか設計していった。このことに気付いたのはずっと後になってからである。要件定義書を複数読み比べたり、自分で書いたりして「ああ、あのときの要件定義書はすかすかだったな」と合点した。

 見よう見まねの基本設計について振り返ると、必死で量をこなした記憶はあるが詳しい内容については覚えていない。品質に関しては推して知るべし、といったレベルだったのだろう。

 その現場で私はプログラミングを一切しなかった。以前の現場にいたときにほとんど担当できなかった上流の仕事をやらせてもらえていたにも関わらず、プログラミングをする機会に恵まれなかったために、自分で動くものを作る喜びが味わえず少々不満が残った。

 隣にいた製造チームは設計書を受け取るとすぐにプログラミングをしていった。同時期に配属された同僚達は手慣れた作業であったため、楽々とこなしているように見え、うらやましく思ったことを覚えている。

 基本設計が今一つ面白く感じられなかったのは、自分のやっていることが全体とどうつながっているのか、よくわかっていなかったからだと思う。そのプロジェクトで私はサブシステムの一部を設計したのだが、全体像を把握しないまま仕事をしていた。システム全体の様子がある程度わかった上で設計できる環境であったら、設計自体の面白みをもっと感じられたであろうし、もっと品質がよい設計ができた気がしている。

尊敬できるSEと知り合えた

 その現場で私はいわゆる“できるSE”と知り合った。彼はほぼ同世代であったが、下請け構造で言うと4次請けの会社に所属していた。だが、仕事はできるし、人としても立派だった。

 自分の意見をはっきり言うことができるし、それでいて常に謙虚な態度で人に接していた。4次請けという自分の境遇を卑下する訳でもなく、良い意味で淡々と仕事をこなしていた。

 彼を見ていると頭が下がる思いだった。同時に「自分が同じ立場だったら、あそこまで真面目にやらないだろうな・・・」というひねくれた思いも持った。

 たまたま彼とは帰りの方向が一緒だったので電車の中で色々と話をした。もっとも設計やプログラミングの話ばかりでプライベートのことはほとんど話さなかった。それでも彼との対話はとても楽しかったと記憶している。

 話をしたことがきっかけになり、仕事場で設計書の書き方を教えてもらうようになった。ようやく指導者を見つけたことになる。彼が書いた設計書を見ると、要件定義から基本設計へ展開していくところが理路整然と整理されていた。

 正直なところ、彼の設計書を随分参考にさせてもらい、それで何とかやっていくことができた。要件から設計へ展開していくやり方が段々と自分の体の中に入っていく気がしたものである。

 なぜか彼は私を「できるやつ」と勘違いしていたようで「この設計を一緒にやろう」といった姿勢で接してくれた。彼と組んでやった仕事は大変勉強になった。また、おそらく私以上に劣悪な環境に置かれていたにもかかわらず前向きに業務に臨む彼の姿勢を見て、惰性に流されかけていた私は自分の背中を少しだけではあるが伸ばせたと思う。

 残念なことに彼とは挨拶もせず別れることになった。ある問題が起き、私はその現場にいられなくなった。問題があった日、その現場に最後の挨拶に行った日、両日とも彼は休みをとっていた。仕事でかなり親しくなっていたのに知っているのは彼の名前くらいで連絡先すら交換していなかった。彼とはそれ以来会っていない。

「プログラマーやりたいなんて馬鹿じゃねえのか」

 私がその現場にいられなくなる問題のきっかけをつくったのは、その現場に一緒に配属されてきた同僚のプログラマーの発言だった。彼は30代で私より年上、寡黙ではあったが話をするとユーモアがあって人を退屈させない。間違っても誰かを不愉快にさせる人ではなかった。

 そんな彼は現場に入る際に行われた2次請けのマネージャーとの面談で、「プログラマーをしたい。SEはやりたくない」といったニュアンスの発言をしたらしい。その場にいたわけではないから実際にどう言ったのかはわからない。「できれば製造をやりたい。設計はやりたくない」と言ったのかもしれない。

 私や彼がそこで仕事を始めて半年くらい経ったある日、2次請けのマネージャーの声が聞こえてきた。

 「いい歳のくせにプログラマーやりたいなんて馬鹿じゃねえのか」

 そのマネージャーは派遣されている我々を管理する役目だったが、30代前半と若かった。プログラマーを志望した私の同僚より年下だったにもかかわらず、そのプログラマーの面接時の発言を蒸し返し、馬鹿呼ばわりしたのである。

 不注意このうえないことに、そのマネージャーは下請けの我々がいる部屋でその発言をした。馬鹿にされたプログラマー本人はいなかったものの、同じ会社の社員が私を含め数人そこにいて簡単な打ち合わせをしていた最中だった。

 「使えねえよなあ」

 マネージャーは部屋の隅にいて、こう繰り返した。下請けの連中には聞こえないと思っていたのだろうか。それとも聞こえても構わないと思っていたのだろうか。

 「ああいうのたまにいるんだよな」

 全く意に介さずといった感じで2次請けの別のマネージャーに話しかけ、気軽な雑談をするように私の同僚のプログラマーをこきおろしていた。だが、私とそこにいた同僚の耳には彼の発言の隅々まで、はっきり聞き取れた。

 「あんなのよく雇ってるよな」

 コンプレックスの塊であった私には、聞き捨てならない言葉だった。2次請けが3次請けを馬鹿にしてどうする。弱い立場の人間が、更に弱い立場の人間を馬鹿にしてどうなるというのか。上のやつらからみれば俺達は似たもの同士じゃないか・・・。

 そのマネージャーの発言は私の中でくすぶっていた何かに火を付けた。自分まで馬鹿にされた気がして頭に血が急激に上っていくのがわかった。思わず拳を握りしめた。まさにその時、問題が起きた。

同僚が突然叫んだ

 打ち合わせで私の横に座っていた同僚がいきなり立ち上がり、「ふざけんじゃねえよ!」と叫んだ。その部屋にいた、2次請けのマネージャーとプロパー、私達のような下請け、全員が呆然として彼を見つめた。

 何が起きたのか、真横にいた私ですらすぐにはわからなかった。見ると彼は真っ赤な顔をして肩で息をしながら、うつむいて立ちすくんでいた。声をかけようとしたが、彼は皆の視線を避けるように、すたすたと事務所から出ていった。

 慌てて追いかけると、彼は部屋を出てすぐのところにあった階段脇の壁につばを吐き、そのまま外に行ってしまった。その剣幕に圧倒され、私はその場に立ったままだった。

 いくらなんでも職場放棄はまずいと思ったらしく、しばらくすると彼は戻ってきた。私は彼をなだめつつ、本社にいる担当営業に連絡を入れた。当初の興奮は冷めたらしく、彼は蒼い顔で下を向き、神妙な様子で打ち合わせスペースの椅子に大人しく座っていた。

 本社の営業は、電話の向こうから「今からそっちに向かうから待機していろ」「本日の件はこちらから取りなしておく」「明日朝一番に本社まで来て事情を説明しろ」と立て続けに言った。

 その日の夕方、営業が現場に駆けつけてきた。即刻、2次請けの担当者との協議に入った。怒鳴ってしまった同僚と私はその協議に入ることなく、隣の会議室で終わるのを待っていた。協議が終わった。会議室から出てきた営業は私の隣にいた同僚に「退勤時間前だが、今日は帰れ」と言った。彼は背中を丸めてとぼとぼと帰っていった。

 残った私は、彼が叫んだ時の状況を改めて説明させられた。「詳しいことは明日もう一度聞く。彼を連れて会社に来い」との指示を受けて、とりあえず退勤時間まで仕事をした。

ゲーム好きの内弁慶が見せた感情

 突然怒鳴った同僚は私より年下であったが、社歴では先輩だった。私は彼と全く気が合わなかった。今でいう、オタクっぽいところが彼にはあって、会った当初から私は偏見を持ってしまい、こちらから話しかけることはほとんどなかった。

 彼の興味はもっぱらゲームだった。当時はファミリーコンピュータの全盛期だったが、そういうゲームに興味が無かった私と彼の間には、共通の話題が全くなかった。このため彼との会話は仕事に関する最低限のことのみだった。

 もう一つ、彼の態度や口の利き方が気に食わなかった。会社の後輩であるとはいえ、年上である私に対して、ぞんざいな口の利き方をした。普段から誰に対してもそうであるなら、それはそれで生意気なりに一貫しているわけだが、打ち合わせなど公式の場で自分より立場が上の人間がいると、借りてきた猫になってしまう。

 年が彼より下でも立場が上の相手を前にすると、彼はもじもじして何を言っているのかわからない有様だった。そんな彼に対し、私は私で「こんなやつと話ができるか」と思っていた。その彼が、2次請けのマネージャーという格上の相手に怒ったのだ。

 翌日、嫌がる彼をなんとか説き伏せ、本社まで連れていき、担当営業に再度、経緯を説明した。問い質す営業に彼が答えるのだが、歯切れは悪い。営業の顔には「面倒なことをしてくれた。謝るしかないぞ」と書いてある。

 2人のやり取りを聞いているうちに前日の光景が思い出され、あの場で自分自身が馬鹿にされた気になってきた。思わず私は営業に向かって熱弁した。

 「これだけに馬鹿にされても我慢しなくてはいけないのか」「会社自体なめられているのではないか」

 彼と私の説明を聞いた営業の回答は予想通り、「とにかく我慢しろ」「こちらから詫びを入れろ」というものだった。

 すると私の横に座っていた彼が感情をあらわにして、はっきりとした強い口調で自分の意見を言った。

 「こういう風になったら、もう無理ですよ!」

 その通りだ、と同感した。そして、こんなに感情を持った人間なんだ、と彼を見直した。裏では態度がでかいくせに、表に出ると何も言えなかった彼とは思えない。今回の一件を境に彼の中で何かがはじけたのだろうか。ひょっとすると彼も私と同様に、何か触れられたくないコンプレックスを抱えていたのかもしれないが、今となっては分からない。

不本意ながら現場を抜ける

 担当営業は再び、2次請けの会社を訪問し、今後について協議した。その結果、現場で怒鳴った同僚となぜか私までがその現場を抜けることになった。私は同僚の憤激のあおりを食った形になったが、彼からこの件に関して詫びの一つもなかった。

 ちなみに問題の発端となった当の30代プログラマーはその後も現場に残り、飄々と乗り切ったらしい。自分に対する発言をきっかけにこういう事態が起きたことは当然聞いたはずだが、何も知らない顔をして押し通したようだ。少なくとも表面上はそう見えた。彼は私達2人に対して何も言わなかった。

 営業に連れられて、ゲーム好きの同僚と私はその現場に最後の挨拶に行った。暴言をはいたマネージャーは、自分の不注意な発言でこういった事態を招いたとわかっていたらしく、神妙な顔をして「そんなつもりではなかった」と一生懸命、話していた。

 この時になって、私は少し反省した。彼の様子に気づき、怒りの一言を発する前になだめ、それからマネージャーに改めて抗議をすれば大事にならなかったかもしれない。だが後の祭りであった。

 最後の挨拶をした、その日の帰り道、夜空を見上げると月がぽっかり浮かんでいた。少々霞みがかってはいたが、くっきりとした輪郭でほのかに光っていた。他の星はあまり見えなかった。おもわず月にしゃべりかけた。

 「自分をどこに連れて行こうとしているのか」

 自分が選んだ道だから何とかふんばろうという思いが、くじけそうになった夜だった。その現場の雰囲気はけっして悪くなかったし、仕事内容としてはスキルアップにつながるとわかっていた。尊敬できる知り合いもでき、色々学び始めたところだっただけに、あまりにも中途半端で心残りではあった。

 下請けの技術者として現場を渡り歩くことに、初めて限界を感じた。こんなことをいつまでやらなければならないのか。こういうやり方で働くのは自分に合わないのではないだろうか。

 他に道はないのだろうか。設計やプログラミングの仕事自体に不満があるわけではなかったが、抜け出せない穴に、すっぽりはまりこんでしまったような気がした。

 この時期に他の道を本気で探していれば、道は見つかったかもしれない。だが当時の私は不満こそあれ、他の道を探す覚悟がなかったのだろう。結局、私は下請けの現場に舞い戻ることになり、本連載の後の回で触れるであろう“地獄の現場”に落ちていく。

憧れの“不良在庫”になった

 いきなり現場を離脱したため居場所がなく、その同僚と私は次の現場が決まるまで本社に出勤することになった。といってもきちんと机が用意された訳ではなく、空いている会議室や打ち合わせスペースに放り込まれた。一日中やることもなく、ただそこにいただけだった。

 いわゆる待機という状態である。現場にいた時はこの待機状態に憧れていた。待機に入ってみると、とにかく楽だった。何のプレッシャーもない。定時に出社して、勉強している振りをしてのんびり過ごし、定時に退社する。何もすることがないのだから退屈ではあったが、待機の間だけは珍しく規則正しい生活に戻ることができた。

 そんな私達の境遇とは裏腹に、営業は我々を当てはめる現場を必死になって探し回っていた。当然であろう。派遣で売り上げを立てている会社にとって、社員の待機はコストだけがかかって売り上げがない状態である。出庫できない不良在庫を抱えているに過ぎない。

 当の不良在庫である我々はのん気なものであったが、待機に入って1週間後、営業から一つ前の現場に戻らないかと打診があった。私は同意した。このままずっとのんびりしていては、ぬるま湯に浸かり過ぎで仕事に戻れなくなる気がしたからだ。結局は現場に飢えていたことになる。ただし、同僚は勤務地が遠いことを理由にその現場への配属を拒否した。

 こうして私だけが一つ前の現場に戻ることになった。ゲーム好きの同僚がその後、どういう現場に配属されたのかは知らない。私の待機最終日に挨拶して以降、彼に会うことはなかった。

◇ ◇ ◇

 それから25年が経った今振り返ると、今回の舞台となった現場で私は大きく二つのことを身に付けられたと思う。

 まず、システム開発の上流工程における“基礎の基礎”に触れる経験ができた。この経験はとても大きく、それが私を川上に押し上げてくれたような気がする。

 川上とはいわゆるユーザー企業のことである。地獄の現場を体験し、今度こそなんとかしなければと思った私はユーザー企業に転職した。現場のユーザーに近い場所に身を置いてみると、生きた要求を価値ある要件に落とし、設計に落とし込んでいくことの面白さを体で味わえた。

 もう一つ、たとえ気にくわない人であっても、なんとか付き合い、その付き合いを自分にプラスになるようにする術を学んだ。かけ出しの頃は自分が正しいと思ったことを強引に押し通すべきだと思い込んでいたが、それではうまくいかない。

 こう思うようになったのは実は最近のことである。地獄の現場に行ったときはまだ周りの敵と戦わなくては生きていけないと思い込んでいた。物事をきちんと理解するまでに時間がかかることもある。

 私は今、どんづまりの状態からは脱したと思っている。ただし、まだ崖をはい上る途中にいる。大病をしたためスタートで出遅れ、しかも回り道をしたため、人よりかなり時間がかかってしまったが、もう少しで広い草原に出て何一つ遮るもののない空を仰ぎ見ることができる。こう確信している。

 この連載を読んでくれているSEやプログラマーで今まさに苦しんでいる方がおられるかもしれない。そういう人たちもいつかは草原に出られるし、そうあって欲しいと願っている。

赤 俊哉(せき としや)
1964年生まれ。ソフトハウスでプログラマー、SEとして従事した後、サービス業の情報システム部門に転職。全社の業務改革、データ経営の推進、データモデリングとプロセスモデリングなどに従事し、現在はIT戦略の策定を担当。現場の視点にこだわりつつ、上流工程におけるコミュニケーションのあり方を追求している。2016年3月、『ユーザー要求を正しく実装へつなぐ システム設計のセオリー』(リックテレコム)を出版。