「電車に乗ろうとすると気持ちが悪くなるんだ」、現場に来られなくなった話

 口を開けて唖然としている年配の女性、思わず足を止めた外回りのセールスマン、少し前まで馬鹿騒ぎしていたものの今は言葉もなく呆然としている女学生達。まさに時が止まったようだった。

 その時の光景を今でもたまに思い出す。1986年のことで私は21歳だった。当時、私は将来が見えないまま、街をさまよっていた。2度の大病を経て、何事にもやる気を失い、進学も諦め、たまにフリーターとして短期間、働いてはいたものの定職につかず、ただ毎日を過ごしていた。

 その日も私は行き場もなく街角に立ち、肩をすぼめて煙草を吸っていた。街を行き交う人は、そんな冴えない若者の姿を意識することすらなく、足早に私の前を通り過ぎていった。

 突然、周囲の量販店に陳列されたテレビ群が一斉にあるニュースを伝え始めた。衝撃的な見出しが複数のテレビ画面一杯に映し出された。ある女性アイドルが、ビルから飛び降りたというのである。

 ざわめきと共に、街の人々が吸い付けられるようにテレビの前に集まっていった。私も他の人と同じように画面に近づいていった。テレビからは興奮したレポーターの声が大音響で響き渡った。

 そんな大音響とは裏腹に、少しずつ周りのざわめきがひんやりとした沈黙に変わっていった。そして冒頭のシーンになる。30年前のことなのに、その様子は鮮明に覚えている。

 それから3年後の1989年、25歳の私は、そのビルの前を毎朝通って仕事場へ向かうようになった。専門学校でプログラミングを学び、ソフトハウスに就職した私が送り込まれた2番目の勤務地がたまたま、テレビで見たビルの近くにあった。

 そのビルの前を通りかかる時、いつも思わず上を見た。だからといって、とりたてて感慨深かった訳でもなく、切り取られた、薄っぺらな空が拡がっているのを何も考えることもなく見上げていたに過ぎない。当時の私は気持ちがささくれていて、やる気はほとんどなく、惰性で出勤していたに過ぎなかった。

「上場したら待遇を含め、すべてが良くなる」

 私が配属された2番目の現場は、今風に表せば、あるSIerの中にあった。そのSIerの子会社から、私が所属していたソフトハウスがかなり大きな会計システムの一部の開発を請け負ったのである。前回取り上げた現場同様、3次請けということになる。

ここから先は会員(無料・氏名不要)の登録が必要です。