トラブルの収拾つかず、謝り方を知らないITエンジニア(中編)

前回からの続き

 冒頭のITエンジニアの発言は、後者の例だろう。特にトラブルの原因が別会社のミスだったり、契約にないケースでのトラブルだったりする場合、そうした傾向は強い。

安易に謝らない方がよいという考え方は愚

ここから先は会員(無料・氏名不要)の登録が必要です。