建築・土木 お役立ち記事一覧

スキルアップ

私の駆け出し時代 発表できない建築は「失敗」 坂 茂、その6

建築は作品であり、発表することで、他人の評価と批判を受け入れることが重要だと、坂茂氏は語る。そうすれば、常に緊張感を持って設計に臨めるという。ただ、過去に1つだけ、坂氏が発表をしなかった住宅がある。発表できなかったこと、坂氏にとってそれはつまり、「失敗」の経験だった。

私の駆け出し時代 発表できない建築は「失敗」 坂 茂、その5

建築は作品であり、発表することで、他人の評価と批判を受け入れることが重要だと、坂茂氏は語る。そうすれば、常に緊張感を持って設計に臨めるという。ただ、過去に1つだけ、坂氏が発表をしなかった住宅がある。発表できなかったこと、坂氏にとってそれはつまり、「失敗」の経験だった。

私の駆け出し時代 災害支援が人生を決めた 坂 茂、その4

新しい構造と材料を開発する一方で、坂氏は難民キャンプのシェルターや、被災地の仮設住宅など、建築を通した社会貢献も行っている。構造や材料を開発することで、独自の建築を切り開きながらも、そもそも「建築家」という職業が社会の役に立っていないのではないか、という大きな疑問も同時に抱いていた。その疑問に、どう立ち向かったのか。坂氏のターニングポイントだったという、40歳前後の話を聞いた。

新技術の開発・導入にスピード感を(後編)

建設×ICT(情報通信技術)、建設×ロボットなど、異分野との融合が始まった建設産業。一方で、そうした“外部”のシーズを十分に生かすには、技術力に加えて新たな仕組みも必要だ。国土交通省の施策や考え方について、この7月、国土交通事務次官に就任した森昌文氏に聞いた。

私の駆け出し時代 災害支援が人生を決めた 坂 茂、その3

新しい構造と材料を開発する一方で、坂氏は難民キャンプのシェルターや、被災地の仮設住宅など、建築を通した社会貢献も行っている。構造や材料を開発することで、独自の建築を切り開きながらも、そもそも「建築家」という職業が社会の役に立っていないのではないか、という大きな疑問も同時に抱いていた。その疑問に、どう立ち向かったのか。坂氏のターニングポイントだったという、40歳前後の話を聞いた。