建築・土木 お役立ち記事一覧

スキルアップ

学生運動のさなかに出会った生涯の師─竹原義二氏(前編)

竹原義二氏の住宅が初めて建築専門雑誌に掲載されたのは、独立5年後に完成した13作目の「西明石の家」だ。それ以前のプロジェクトはあまり知られていない。独立時の心境とともに、1作目となる「勢野の家」について、話を聞いた。

言うべきことを言えなかった英国での苦い経験─アラップ・小栗新氏(後編)

2度目のロンドン赴任となった2003?04年、小栗新氏はもう1つの空港プロジェクト「ヒースロー空港第5ターミナル」に携わる。担当したのは、ターミナルビルと駐車場棟の間をつなぐ5つのブリッジ。多くの関係者の合意を得て進めることが求められる役割だったが、ある会議で、方向性の違う発言に対して反論しないままやり過ごしてしまった。

言うべきことを言えなかった英国での苦い経験─アラップ・小栗新氏(前編)

2度目のロンドン赴任となった2003?04年、小栗新氏はもう1つの空港プロジェクト「ヒースロー空港第5ターミナル」に携わる。担当したのは、ターミナルビルと駐車場棟の間をつなぐ5つのブリッジ。多くの関係者の合意を得て進めることが求められる役割だったが、ある会議で、方向性の違う発言に対して反論しないままやり過ごしてしまった。