建築・土木 お役立ち記事一覧

スキルアップ

社会問題から建築家像を探るメジロスタジオ、注目の10人(10)

郊外をフィールドに、新築や再生建築の設計を次々と手掛け、地域を活性化するプロジェクトにも積極的に参加する。設立10年目を迎えるメジロスタジオは、社会問題に切り込むことで活動の幅を広げ、新しい建築家像を模索してきた。そのアプローチは、同世代の若手建築家とも一線を画す。

「女性だから」は関係ない

大成建設のような取り組みは、手法の差はあれ、業界にじわりと広がっている。こうしたなかで、若手の女性技術者は仕事や将来にどんな思いを抱いているのか?──。

リノベーションを団地へ拡大する馬場正尊氏、注目の10人(9)

東京R不動産の創設者として知られる馬場正尊氏は、現代建築のリノベーションを語る上では欠くことのできない存在である。都心のリノベーションを、2000年代に入ってより一般的な概念として広め、設計を通じてノウハウを積んできた。最近、取り組むのが団地のリノベーションだ。

トンネル作業員たちの命を預かる30歳

熊谷組の千葉崇氏(30歳)は、入社3年目から8年目の現在まで、主にトンネル現場で施工管理を担当している。危険が伴う工事を進めるうえで「命を預けるに足りる人間だ」と信頼されることが欠かせない。