建築・土木 お役立ち記事一覧

スキルアップ

受注数横ばいが4割、「新築以外」で収益源を拡大(後編)

日経アーキテクチュアの独自調査で浮き彫りになった「設計事務所主宰者のリアル」。今回は、年間設計件数の増減や平均残業時間などについて紹介する。受注数では、横ばいが4割を占める実態や「新築以外」にも業務を拡大する動きが見て取れる。

受注数横ばいが4割、「新築以外」で収益源を拡大(前編)

日経アーキテクチュアの独自調査で浮き彫りになった「設計事務所主宰者のリアル」。今回は、年間設計件数の増減や平均残業時間などについて紹介する。受注数では、横ばいが4割を占める実態や「新築以外」にも業務を拡大する動きが見て取れる。

途上国の想定外を乗り切り楽しむ(後編)

日本工営コンサルタント海外事業本部の山田修栄氏が大切にしている1本のボールペン。軸には中米ニカラグアの首都マナグアのロゴが入っている。入社3年目で担当した都市マスタープラン策定業務の完了時に、同市の市長と副市長からチーム全員が食事に招かれ、直接手渡された。

設計事務所の主宰者8割超が「先行きに不安」、5大悩みが浮き彫りに(後編)

設計事務所主宰者の悩みは尽きない。日経アーキテクチュアの独自調査で、事務所運営に不安を感じている主宰者は8割強に上ることが分かった。「増え続ける手間」「増えない戦力」「後継者の不在」「絶えないトラブル」「迫るデジタル化の波」といった、事務所主宰者が抱える5大悩みも浮き彫りになった。