リノベーションを団地へ拡大する馬場正尊氏、注目の10人(9)

「郊外」に着目する

東京R不動産の創設者として知られる馬場正尊氏は、現代建築のリノベーションを語る上では欠くことのできない存在である。1990年代後半に注目され始めた都心の建築リノベーションを、2000年代に入ってメディアを活用してより一般的な概念として広め、実際の設計を通じてノウハウを積んできた。最近、取り組むのが団地のリノベーションだ。

建築設計事務所、Open Aの代表である馬場正尊氏。東北芸術工科大学で建築・環境デザイン学科の准教授も務める(写真:柳生 貴也)

世代構成を一新した観月橋団地の再生

 Open Aの代表である馬場正尊氏の活動は最初、東京の都心東部の空きオフィスに着目し、都心居住に焦点を当てたリノベーションに始まった。その後、郊外居住や多拠点居住、中心市街地の再プログラムへと拡張。郊外や地方都市へと対象を広げてきた。

 リノベーションの最終フレーズとも位置づけられるのが都市近郊の団地だ。最初に手掛けた京都市伏見区の観月橋(かんげつきょう)団地が、今年2月に入居者の募集を開始した。観月橋団地は日本住宅公団によって約50年前に建設された。現在、都市再生機構(UR)によって管理されているが、老朽化のため「団地再生事業」の対象になった。

 観月橋団地再生プロジェクトでは企画提案を公募し、設計の他に企画、工事予算や家賃を決める事業計画、広報・プロモーション計画を含めた提案を求めた。審査で選ばれたのが、馬場氏(Open A)と星田逸郎氏(星田逸郎空間都市研究所)らの2者で、この計画に加わることとなる。URが自ら事業を手掛けている。Open AはこれまでのURの標準設計を塗り替え、広報の方法を変え、結果として入居者の世代構成を一新する提案を行った。

 一部の居住者はそのまま住み続ける改修プロジェクトだ。したがって、大幅なプランの変更は難しく、共用部の更新もできないので改修設計や収益を組み立てる事業計画はその分制限される。ここでの改修の方法論は、団地再生を促進させる新しいスキームとしても、重要な意味を持つだろう。

50年前の設計をリスペクト

観月橋団地の外観。京都市伏見区にある築50年のUR団地のリノベーション。住設機器の機能性やスケールなど、現代のライフスタイルと大きな誤差が生じていた1960年代の団地フォーマットを、風呂、冷蔵庫や洗濯機置き場、脱衣室など水回りを中心に丁寧に補正した(写真:Open A)
観月橋団地の改修例。室内の端にあったキッチンはコミュニケーションの中心になるよう移動し、南北に抜ける窓の開放感や風の通り抜け方など、団地が本来持っている魅力を生かしたプランとした。もうひとつの土間プランでは、L字につながった土間とキッチン、リビングが、床の素材や段差によって緩やかに領域化することで、開放感は保ちつつ多様な使い方ができるような空間とした(写真:Open A)

 「50年前の設計者は真摯に設計に取り組んでいるのがよく分かった。リノベーションで重要視したのは、既存建物のポテンシャルを読み取りそれを引き出すこと」と馬場氏。元の建物は、東西方向にエントランスを設け、南北に大きく開口をとり、ふすまを開ければ風が通る。コミュニティもよく考えられていた。

 しかし、その一方で建物が今の生活に合わなくなっている部分も多い。台所は狭く、バスタブも小さい。洗濯機や冷蔵庫の置き場がない、エアコン設備もない。「昔の設計者と対話する感じだった。彼らをリスペクトするのが基本姿勢。そして元の計画と現代のズレを上手に修正する。そんなプロトタイプをいくつもつくってURと話し合った」。

 想定された入居者は若い世代。改修前は高齢者が多く、上階に空室が目立っていた。若年層が入って、各世代が共存することが、団地のコミュニティ再生につながる。「今の若者は割と団地に興味を示す。でもどうやって住めばいいのか分からない。ウェブからのアプローチも煩雑で障害。そのバリアを下げるのがプロモーションのポイントだった」と馬場氏は話す。「団地R不動産」と呼ぶウェブサイトをオープンさせたのもそんな理由からだ。

ここから先は会員(無料・氏名不要)の登録が必要です。