トンネル作業員たちの命を預かる30歳

第11回:熊谷組 千葉崇氏

千葉崇氏:1986年岩手県生まれ。2009年3月に岩手大学工学部建設環境工学科を卒業し、同年4月に熊谷組に入社。福島第一原子力発電所関連土木工事赴任中に東日本大震災が起こり、11年6月から切目第2トンネル作業所へ異動。12年に一般府道大野天野線道路改良工事、国道45号釜石山田道路工事、15年に平成25年度釜石市鵜住居地区整地工事を経て同年6月から東北中央自動車道やまがたざおうトンネル工事を担当。一級土木施工管理技士。写真は同現場で撮影(写真:三上美絵)

 熊谷組の千葉崇氏(30歳)は、入社3年目から8年目の現在まで、主にトンネル現場で施工管理を担当している。重機事故や切り羽崩壊、落盤、出水、ガス爆発などの危険が伴う工事を進めるうえで、作業員たちから「命を預けるに足りる人間だ」と信頼されることが欠かせない。

 千葉氏がトンネル工事に携わることになった直接のきっかけは東日本大震災だった。入社して初めて配属された現場は、くしくも福島第一原子力発電所。耐震補強のための地盤改良工事だった。

 ちょうど2年が過ぎようとする2011年3月、震災が起こった。大津波警報が発令されると同時に発注者の指示で避難し、工事関係者は全員無事だった。その後の経過は報道のとおり。千葉氏の手がけていた工事の現場も、跡形なく津波に流されてしまった。

震災を機に、原発からトンネルへ

 日本中が震災の動揺から覚め切らない同年6月、千葉氏は東北から遠く離れた和歌山県の切目第2トンネルの現場へ異動を命じられた。切目川ダムの建設にあたり新設する付け替え道路のトンネルだ。

 大学では土質や地質の研究室に所属していたとはいえ、トンネルの施工現場を実際に目にしたのはこのときが初めて。「何も分からず、こうして掘るのか、という感じだった」。千葉氏は当時をそう振り返る。

 この現場で1年半、トンネルの施工管理を学ぶなかで、最も印象に残っているのが、上司から言われた次のような言葉だ。

 「品質のいいトンネルをつくるだけでなく、作業員たちの命を守ることもわれわれの大事な仕事だ」。

 実際に、別のトンネル工事の事故で同僚を失った作業員もいた。「事故の瞬間まで一緒に働いていた人が目の前で亡くなったという話を聞き、『あんたたちに命を預けているのだから、それに見合う人間になってくれ』と言われた」と千葉氏。その言葉が、いまも腹に響いている。

 ものづくりの現場はきれいごとでは済まされず、常に危険と隣合わせだ。その危険の芽をいかに手前の段階で予知し、事前に対策を講じて現実の事故が起こるのを防ぐか。そこに心血を注ぐのが、大勢の作業員たちの命を預かる施工管理者の役目だ。千葉氏は襟を正す気持ちになったという。

ここから先は会員(無料・氏名不要)の登録が必要です。