職種をお選びください

お役立ち記事コンテンツ Report

開発の仁義 “開発の達人”が説く! 守るべき掟 #22

「開発にも仁義がある」と、私は思う。仁義とは他人に対して欠かせない礼儀であり、務めである。仁義と聞くと、任侠(弱きを助け強きをくじく)映画を思い出す方も多いだろうが、この仁義は開発をする上で最も優先すべき理念であり、原理・原則なのである。開発とは、新しいことを創造するとともに、先の見えない不安でいっぱいになる作業でもある。その開発を複数の企業で共同もしくは提携して進めるときは、お互いの信頼関係が何よりも重要だ。

旧JIS規格の図面でも通用する理由

製図ルールには日本工業規格である「JIS規格」だけではなく、「オリジナルルール」もある──。若手社員向けの「図面の読み方」の研修で私がこう説明すると、彼らから驚かれることがあります。オリジナルルールとは、個々の企業が設けた独自規格のこと。もちろん、基本はJIS規格です。JIS規格に則(のっと)った上で、一部に独自規格を使う図面が存在するのです。このオリジナルルールは、「設計の意図を読み手に伝える上で有効な場合」に使用されます。実は、多くの企業がオリジナルルールを採用しています。

他流試合 “開発の達人”が説く! 守るべき掟 #21

開発する製品をより良くしようとするのは当たり前。しかし、保有する技術やノウハウを駆使するだけでは限界もある。このとき、思い切って他業界や他分野の技術を導入して全く新しい切り口で開発を進めるのは、案外有効である。ところが、なじみのない他業界・他分野の技術やノウハウを導入しようとするときには、思いのほか慎重になってしまうことがある。

日経TECHキャリアは、
日本の技術者を支える転職支援サービスです

技術者のみなさまが、より正しく評価され、
いきいきと働くことができる社会の実現を目指します。

日経グループが運営する
信頼の転職サイト

あなただけの経験に
マッチした求人が見つかる

考えもしなかった異業種への
可能性が見つかる