職種をお選びください

お役立ち記事コンテンツ Report

何と!面粗さRa0.03(μm)で「磨き」が不要に

光学レンズや非球面レンズを製造する金型には、当然のことながら鏡面加工が必要となります。従来、鏡面加工には職人による磨き技術が欠かせないものでしたが、現在においては「磨き工程削減」あるいは「磨きレス」が求められています。金型の耐久性向上のため金型材料の硬度がどんどん増してきて、人手での鏡面加工が事実上困難になってきていることも、「磨きレス」が求められていることの背景にあります。

工場全焼のピンチが生んだ最小の工具

?0.01mmのエンドミルともなると造るのも大変ですが、使いこなすのも同じくらいに大変です。ドイツで開催されたEMOショーに出展したところ、「?0.01mmのエンドミル」の掲示を見た多くの来場者が口々に「単位をひと桁間違えているぞ!」と言ったそうです。顕微鏡で実際に?0.01mmのエンドミルを見せたところ、みな腰を抜かさんばかりに驚いた、という逸話があるくらいです。

日経TECHキャリアは、
日本の技術者を支える転職支援サービスです

技術者のみなさまが、より正しく評価され、
いきいきと働くことができる社会の実現を目指します。

日経グループが運営する
信頼の転職サイト

あなただけの経験に
マッチした求人が見つかる

考えもしなかった異業種への
可能性が見つかる