お役立ち記事コンテンツ Report

生き残りをかけてプレス加工からレーザー加工にシフト

一般的にレーザー加工では反射率の高い材料は切断が困難とされ、それも金→銀→銅→アルミ合金の順番に切断が難しくなります。ところが山内スプリング製作所は、難しい金属の微細切断も可能です。長年、メガネ部品のプレス加工で培ってきた技術から、ステンレス鋼やチタン合金といった難削材の加工も得意としています。

バリ・デラミを出さずCFRPに連続穴開け

CFRPは強度があり軽量であるというメリットがある半面、ロッド加工においてはバリの発生、ボードの加工においてはデラミ(剥離)の発生など、加工が困難であるというデメリットがありました。愛知県東海市の共和製作所は、CFRPに適合したオリジナルの切削工具・工法を開発することにより、例えば板厚1~2mmのボードに対して、?0.5mmのドリル加工を1本の工具により100穴以上連続して実施する、などの技術を確立しています。

旋盤エキスパートの「振れ精度1μm」

茨城県ひたちなか市に本社・工場を置くエムテックは、CNC旋盤による微細加工、精密加工を手掛ける部品加工業です。通常、この規模の部品加工業の場合、創業事業が旋盤だったとしてもマシニングセンターも手掛け、幅広く顧客からの要求に対応していくことを志向します。ところが同社の場合、あえて旋盤しか手掛けない方針です。そうした技術の蓄積が結実したのが、外径?0.08mm、突き出し長さ0.8mmという極めて微細な長尺旋盤加工の技術です。

日経TECHキャリアは、
日本の技術者を支える転職支援サービスです

技術者のみなさまが、より正しく評価され、
いきいきと働くことができる社会の実現を目指します。

日経グループが運営する
信頼の転職サイト

あなただけの経験に
マッチした求人が見つかる

考えもしなかった異業種への
可能性が見つかる